おすすめ実写エロゲ【先生、学校でしようよ!】動画解放のための攻略とゲーム評価

実写系エロゲの先駆けと言っても過言ではない超人気DMMゲーム【先生、学校でしようよ!】の遊び方や無料動画の解放など、学校でしようよのエロ攻略をプレイした感想・評価と共にご紹介しています。

先生学校でしようよは2014年にサービス開始となった基本無料のソシャゲタイプのエロゲで、その時々の旬の女優さんがレイドボスやガチャなどで出演している超人気タイトル。

しかも出演している人気女優が全員、JKか先生に扮したコスプレ要素も兼ね備えており、「人気AV女優×学生&先生」という最強タッグの実写エロゲなんです!

私のようにAV好きの男性にとっては夢のような無料エロゲですよ!

 

ゲーム性評価 3.5
エロゲ評価 5.0
ゲーム属性 学園/AV女優/カードバトル
配信元 DMM GAMES
制作 株式会社WILL
リリース 2014年10月
デバイス Android/iPhone/PC

先生学校でしようよのおすすめポイント

【先生、学校でしようよ!】は2014年にリリースされたDMMゲームで、当時でも少なかった実写形式のカードバトルRPGです。

▲リリース当初のアイキャッチはこんなメンバーでした

リリース当初からプレイしている私としては、非常に思い入れが強い無料エロゲであり、先生学校でしようのせいで実写エロゲにはまり込んだと言っても過言ではありません。

そんな先生学校でしようよの魅力とおすすめポイントを、ゲームの内容をご紹介する前に少しまとめてみたした、

実写エロゲの先駆けとなった学校でしようよ

確か先生学校でしようよがリリースされた当時は、私がDMM GAMES R18に手を出し始めたころで、きっかけとなったゲームタイトルは忘れましたが(とにかく白濁液を女性にぶっかけるというゲスなゲームですw)、そのゲームをプレイしている時に目に入ったのが学校でしようよの正式リリースという文字でした。

その当時は、私もあまりDMMゲームに詳しくなかったので詳細は覚えていませんが、確か先生学校でしようよ以外にも実写ゲームはあったと思います。

ただし、無名のAV女優の写真をゲームに取り込んだだけの簡易的な実写ゲームで、現行の実写ゲームとは全くクオリティが異なっていました。

そんな中リリースされた先生学校でしようよ。

DMMゲーム初の本格実写ゲー

先生学校でしようよは、条件を満たすとゲーム内で無料動画が見れるという画期的なゲームシステムで、無名のAV女優ではなく誰もが知るようなAV女優が続々と参加するというかなり大規模な実写エロゲ

初めてプレイした時は度肝を抜かされた記憶があります。

そんな先生学校でしようよは、約6年前のエロゲにも関わらず、様々な進化ゲームがリリースされている現在でも楽しめるという変わらない魅力があります!

その最大の要因は、その時々のトレンドがあるイラスト系のゲームではなく、時間の経過によって劣化するようなことが無い実写ゲームであるという点であり、常に人気のAV女優が参加しているという点です

2014年リリースのゲームですが、今プレイしても絶対に楽しめるはずです!

DMMゲームは登録が簡単!

先生、学校でしようよはPCブラウザとスマホブラウザでプレイするブラウザゲームで、誰でも気軽にプレイすることが出来ます。

アプリゲームとは異なり、スマホのOSは関係ありませんし、そういった意味では全人類がプレイ出来るエロゲという事ですねw

プレイするためにはDMMのアカウントを作成する必要がありますが、誰でも簡単に無料で作成することが出来ますし、DMMアカウントの作成自体に年齢制限はなく、登録は1分ほどで完了します。

ひとまず先生学校でしようよをプレイしたいのであれば、しようよの公式HPで「今すぐハジメル」をタップするとログイン画面が表示されるので、そこで無料会員登録をすればすぐにでも先生学校でしようよを始めることが出来ます。

ここはスマホでプレイするソーシャルゲームアプリと同じですね。

先生学校でしようよで漫喫できる特典

先生学校でしようよのゲームシステムは、数年前まで主流だった「カードバトルRPG」で、パーティーを編成して敵と戦うというもの。

当然、ガチャでレアリティの高い女の子(生徒)を集めるとパーティーが強くなりますし、レアリティが高いという事は人気AV女優という事なので、人気女優の無料動画が見れるという特典があります!

そしてその無料動画は、先生学校でしようよでしか見れない撮りおろしのガチ動画なんです

最近はAV女優としての活動をほとんどしていないようですが、2学校でしようよがリリースされた当初、超人気女優の1人だったつぼみちゃんの無料動画です。

各キャラごとに設定されている「親密度」を上げると無料動画が解放され、更に「SSR→SSR+→SSR++→SSR MAX」と段階を追って限界突破をしていくたびに、よりエロい動画が解放されていくという仕組みになっています。

これはつぼみちゃんだけではなく、各キャラ4段階の無料動画が用意されているので、特にお気に入りの女優さんの動画は頑張ってゲットしたいところですよね。

ちなみに、つぼみちゃんの無料動画ですが、各ムービーの再生時間はこんな感じになっています。

  1. SSR:45秒
  2. SSR+:45秒
  3. SSR++:2分
  4. SSR MAX:2分

 

先生学校でしようよのゲーム評価と攻略

【先生、学校でしようよ!】は2014年リリースのゲームで、現在似たようなゲームシステムのソシャゲは数えきれないほどありますし、既になじみが深いゲームシステムだと思いますので、ゲーム性についてはおさらいの意味も込めて簡単に解説していきたいと思います。

恐らく説明せずとも直感的にプレイ出来るゲームだとは思いますが、先生学校でしようよをプレイするかどうか迷っている方のために簡単にまとめてみました。

しようよの基本はカードバトル

先生、学校でしようよ!はパーティーを組んで敵、もしくは他プレイヤーと戦うカードバトル形式のゲームで、コマンド選択などはなくオートで展開されるバトルになっています。

カードにはそれぞれ属性が設定されており、カードによって得手不得手がありますが、基本的には1パーティーに組み込まれているカード5枚の能力値の合計でパーティーの戦力がきまります。

つまり、レアリティが高いカードをいかに限界突破させ、レベルを高くするかという単純明快なゲームシステムになっており、現在においてはこれといった真新しさは無いと思います。

デッキ(クラス編成)

各女の子(生徒)はレアリティに応じてコストが設定されていて、プレイヤーのレベルが上がれば編成コストの上限も上昇していき、より強力なデッキ編成が出来るという事になります。

先生学校でしようよはリリースからかなり時間も経っているので、今から始めた場合、初期段階でハイレアの生徒をたくさん入手可能になっているのですが、コストの問題で十分な編成がしずらい状況です。

ただ現在のしようよは、レベル50まで体力消費が無いため、時間さえあれば一気にレベル50まであげれるはずなので、まずはレベル50まで上げて高コストパーティーを編成できるようにしたいところですね。

正直、このゲーム性でレベル50まで一気に上げるためには精神的にも少し疲れてしまいますが、何より人気女優の無料動画をゲットするためなので、ここは踏ん張りどころです!w

生徒の属性と属性相関

先生学校でしようよの生徒に設定されている属性は全部で4つになります。

カードバトル形式のゲームでは一般的な設定で、最近では「3~4すくみ+2相互」の計5~6属性というのが一般的になりつつありますが、先生学校でしようよは全4属性4すくみの相関になっています

  • 文系は芸術に強く、理系に弱い
  • 理系は文系に強く、体育に弱い
  • 芸術は体育に強く、文系に弱い
  • 体育は理系に強く、芸術に弱い

しようよ攻略のための基本プレイ

先生学校でしようよ!でやるべきことは、大きく分けると4つに分類されます。

  1. 授業を受けてプレイヤーのレベルアップ
  2. 生徒の育成(強化・限界突破)
  3. 他プレイヤーとのバトルでランクアップ
  4. 無料アダルト動画でシコシコ

他のカードバトル形式のソシャゲと何ら変わりはありませんが、しようよはエロゲなので(4)のために(1)~(3)を頑張るという構図になっています。

エロだけが目的なのであればプレイヤーバトルはやらなくても良いと思いますが、報酬でアイテムを貰えますし、集めたAV女優デッキで勝ち上がっていくのは不思議と楽しいんですよねw

しようよの攻略については、如何に労力をかけずにお気に入りの女優をゲットして、如何に早く無料動画を解放するかという事に尽きるので、ここではいかに動画を解放していくかに焦点を絞ってご紹介していきたいと思います。

1.授業を受けてレベルアップ

先生学校でしようよは、部隊が高校になっているのでクエストは「授業」と呼ばれています。

その授業には「授業」「特進授業」「クラブ活動」の3つがあるのですが、特進授業とクラブ活動に関しては、参加するにはアイテム(鍵)が必要になるため、まずは授業を進めて鍵を集めていくことになります。

鍵はイベントや全学校対抗性などで入手できます。

授業を受けるには「体力」が必要になり、この体力は時間の経過で回復し、他にもレベルアップや体力回復アイテムを使う事で回復することも可能です。

授業はオートになっておりレイドボスやレベルアップが無い限り、ひたすらオートで進められていきますので、クエストはながら作業でも十分にプレイ出来ます。

一時期はこういったオートのクエストは減ってきましたが、2018年あたりから「放置系RPG」の流行により、最近またこういたオートプレイゲームが増えてきていますよね。

そういった意味では、決して古臭いゲームという感じは受けないと思います。

2.生徒の強化と限界突破

生徒の強化は不要な低レアの生徒を素材として強化したり、強化専用のアイテムで強化していきます。強化については強化したい生徒と素材となる生徒の属性が同じであれば経験値がより多くゲットできます。

例えば上の画像のつぼみちゃんは体育属性なので、同じ体育属性で不要な低レアの生徒を素材に使えば育成効率が上がるといった感じです。

強化専用のアイテムは「クマさん」というぬいぐるみのカードなので、もし授業などでゲットしたらお気に入りの生徒に合成するようにしましょう。

3.プレイヤー同士のオンライン対戦

先生学校でしようよの対戦コンテンツは「模擬試験」と「全学校対抗戦」の2種槌があります。

冒頭でご紹介したこの画像は「模擬試験」で、最初は近いランクのプレイヤーとオンラインで対戦していき、一定の勝利を積み重ねると次のランクに進み、更に強いプレイヤーと戦ってランクを上げていきます。

ランクが上がると報酬も豪華になるのですが、ランクは1~25まであって、ランクそれぞれに称号が設定されています。ランク1の「教育実習生」から始まり、最高ランクとなるランク25は「伝説を超えし者」という称号です。

次に「全学校対抗戦」ですが、毎日12時に開催される昼の部と21時に開催される夜の部の2パート構成になっていて、それに勝つと先ほどご紹介した特進授業やクラブ活動に参加するための「鍵」などのアイテムがもらえます。

全学校対抗戦は、いわばクラン(ギルド)対抗戦のようなもので、プレイヤーが属している学校単位で実施される団体戦です。

学校は先生学校でしようよに登録した時点で自動的に振り分けられるのですが、自分の学校を立ち上げて戦う事も可能となっています。

私の場合は、登録当時に配属されていた学校がほぼ活動していない状態になったので、そこを抜けて自分の学校を作りました。

ただその学校も既にほとんど活きてないんですけどねw

4.無料動画でシコシコ

先生学校でしようよのメインコンテンツと言っても過言ではない、各生徒の撮りおろしの無料動画!これのためにゲームをプレイしている方も多いはず!

学校でしようよでエロを楽しむためには「秘密の授業」という夢のような授業でお気に入りの生徒との親密度を上げる必要があります。

親密度を上げるためにはプレゼントを渡す必要があるのですが、このプレゼントを渡す際にもちょっとしたエロを楽しめます!

これが秘密の授業の画面で、プレゼントを渡すためには画面をタップ(クリック)するのですが、プレゼントを渡すたびに画面が揺れてハートが出てきます。

この授業の場合だと、タップするたびに画面の中でパコパコしちゃう感じですねw

これが地味にエロい!

プレゼントを渡すたびに画面左の「親密度メーター」が上がっていき、これがMAXになれば無料動画が解放となります。

親密度MAXになれば無料動画が解放されますが、その動画は生徒の限界突破の数に依存しており、何もしていない状態であれば短いライトな無料動画が解放され、限界突破していればよりエロい動画も解放されます。

ちなみに限界突破の仕様は、同じ生徒・同じレアリティのカードを合成することで、「無印」→「+」→「++」→「MAX」とランクがアップしていき、MAXまでいけば長尺のフィニッシュ動画が見れるといった感じです。

先生学校でしようよの評価と感想まとめ

【先生、学校でしようよ!】は私が一番最初にドハマリしたエロゲであり、今なお実写エロゲが好きなのは間違いなくしようよの影響だと思いますw

その当時好きだったかすみりささんというAV女優さんが、生徒としてではなく先生として参加していたのがちょっと残念だったのですが、当時ハマっていたAV女優がこぞって出演していたこともあり、かなり熱中してプレイしていたのを今でも覚えています。

私は無課金でプレイしていましたが、無課金でも先生学校でしようよは十分に楽しめますし、無料動画の解放も十分にできます。

ゲーム性も簡単だし、2018年から主流になっている放置系RPGに近しいものがあるので、今プレイしても十分に楽しめるのではないでしょうか。

また生徒は毎月アップデートされているので、新顔が続々と入学している状況です。

自分のお気に入りの女優さんが参加するとなるとかなりテンションが上がるのですが、お気に入りの女優さんのレアリティがSSRではなくSRだったりすると、ちょっとイラっとするんですよねw

そういったところも実写エロゲの楽しみの1つだと思うので、イラストよりも実写派だという方は先生学校でしようよを存分に漫喫してみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました