剣アカ【新・剣と幻想のアカデミア】おすすめのスペルカード

新・剣と幻想のアカデミアでは実態のあるユニットカードとは別に、魔法を使用するだけと言う「スペルカード」が存在します。

これが剣アカの面白いところであり、難しいところでもあるのですが、このスペルカードの使い方によっては今まで倒せなかった敵が倒せるようになったり、戦況が有利に運ぶことが多々あります。

まだ剣アカを始めたばかりで剣アカを細部まで理解していないという方の為に、魔法スペルカードの中でも戦況を大きく変えてくれるおすすめのスペルカードを3選をご紹介したいと思います

 

魔法スペルカードとは

HP・攻撃力・防御力があるユニットカードとは異なり、スペルカードにはHPや防御力が無く、その効果のみが記されています。

代表的なものだと、「無限引き直しガチャ」にも登場している【クロノア】です。

彼女はレベル1の入手状態で「範囲4.4以内にいる敵の動きを4.3秒止める」という能力を有しています。強力な遠距離攻撃を打つ敵がいる時は、このクロノアを使う事で敵の近くまで攻撃を受けることなく近づき、敵を倒すことが出来るという優秀なスペルカードです。

このスペルカードが特殊なところは、どこにでも出撃できるという点です

通常、一般的なユニットであれば決められた出撃枠(赤く塗られた場所以外)にしかセットできませんが、スペルカードはこういった出撃に関する制約が無く、敵陣深い場所にも使用することが可能です

このスペルカードの特性を利用すれば、もう少しでベースポイント(敵拠点)を破壊できるという場面で、移動に時間が掛かるユニットカードではなく即時発動できるスペルカードを用いる事で、効果的に即時攻撃・攻撃補助をすることが可能です。

特に剣アカでは、各クエストに「チャレンジ」というタイムアタック要素もあるので、より素早くベースポイントを破壊したいのであればスペルカードを活用することは必須ともいえます。

 

剣アカおすすめのスペルカード

剣アカにはいくつかのスペルカードがあり、ハイレアのものからローレアのカードまで様々です。

中にはスペルカードっぽくないものもありますが、いずれも活用すれば間違いなく戦況を変える一手になりますので、ユニットの今日も必要ですがスペルカードの強化と発掘も同時に進めていきたいところですね。

今回は、現在私が使用しているスペルカードで、最も出撃率が高い3枚のカードをご紹介したいと思います。

 

1位 ブースト効果を持つアンリエッタ

スペルカードの上位版である「天使」種族で、★5ユニットの【アンリエッタ】!

消費マナは「4」と低く、使いやすいところもポイントですが、何より「一定時間味方の攻撃速度と移動速度を上昇」させてくれるので、様々な場面で活躍してくれます。

まず使い方としては、出撃済みのユニットに重ねるように使う事で、その範囲内にいるユニットの攻撃&移動速度が一気に上昇します。

敵のベースポイントの射程に入ると、遠距離攻撃を受けてベースに到着する前にユニットがやられることがあるのですが、ブーストをかけることで一気に間合いを詰め、その勢いのままベースポイントを破壊してくれます

ブースト対象が多ければ多いほど有効で、終盤の詰めのシーン、中盤でチェックポイントを一気に破壊したい場面など、ブーストが生きるシーンはかなり多いと思います。

 

アンリエッタの強化ステータス

アンリエッタ(★5)
Lv1 攻撃力 効果 範囲 時間 出撃数 コスト 限界突破
50% 6.5 4.5s 1 4 0/5
Lv37 攻撃力 効果 範囲 時間 出撃数 コスト 限界突破
50% 6.5 6.66s 1 4 1/5
クラス 種族 攻撃対象
ブースト 天使 地上/空中

レベルが上がるとブースト時間が長くなり、信頼度を上げることで「効果」が10%上がります。

この効果が何なのか未だによく理解できていませんが、恐らく上昇するスピードの倍率という事なんだと思っています。つまり、信頼度を100%にすることで、攻撃速度と移動速度が1.5倍から1.6倍になるという感じなのかな

もし手持ちにアンリエッタがいるのであれば使ってみて下さい!

特にチャレンジの「〇カウントになる前にクリア」が達成できないという方におすすめです。

 

2位 ストップ効果クロノア

現時点の剣アカで最上位のスペルカードである【クロノア】。

敵の動きを止めるという能力を持つのですが、先ほど1位でご紹介したアンリエッタとは対照的な能力と言っても良いかもしれませんね。

アンリエッタが味方の動きを速くするのに対し、クロノアは敵に干渉し一定時間動きを止めるというもので、状況によってはクロノアの方が有効に働く場合もありますが、現在まで剣アカをプレイしてきてクロノアよりもアンリエッタの方が効果的に働いてくれているので、2位をクロノアにしました。

クロノアもアンリエッタ同様に、スペルカードの上位版「女神」という属性で、強化することで停止時間が長くなります。

 

クロノアのステータスと性能

クロノア(★6)
Lv1 攻撃力 効果 範囲 時間 出撃数 コスト 限界突破
4.4 4.3s 1 7 0/5
Lv35 攻撃力 効果 範囲 時間 出撃数 コスト 限界突破
4.4 6.66s 1 7 0/5
クラス 種族 攻撃対象
ストップ 天使 地上/空中

まだLv35までしか育成出来ていませんが、レベル35で停止時間は「6.66秒」まで伸びます。

信頼度100%時の恩恵は「時間+1秒」です。

限界突破してレベル50まで上げれば、計算上は「7.26秒」まで停止時間が延びることになります。

7秒・・・恐ろしい数字ですねw

ただ範囲が限定的なので、一定範囲内の敵を7秒も止める必要はありませし、コストが7というのも使い勝手が悪いと言わざるを得ません。

現時点では、やはりクロノアよりもアンリエッタを使う事が多そうですね。

 

3位 実は優秀なスポットレイン

★2という低レアリティながら、かなり活躍してくれる【スポットレイン】。

他のスペルカードと異なり、実態がある魔法、つまり召喚魔法の一種で、ユニットと同様に実態があるのにどこにでも出撃できるというメリットがあります

耐久性は恐ろしく低いので、敵から攻撃されるとイチコロですが、ベースポイントなどを攻撃している時にスポットレインをベースポイント近くに使用することで、ベースポイント破壊の時短に繋がります。

またスポットレインの良いところは、最後もう少しでベースポイントを破壊できそうだけど、先に味方ユニットが倒されそうという際どい場面で使用することで、火力の一端を担ってくれます。

他のスペルカードと異なる点は、ほとんどの攻撃スペルが一撃だけで終わるところを、スポットレインは実態があるので、倒されない限り永続的に攻撃を続けてくれます

タゲを他のユニットが取っている場面では特にその効果を発揮してくれるので、最後の一押しを目的としてパーティーに組み込んでおくのは十分にアリだと思います。

 

スポットレインのステータスと性能

スポットレイン(★2)
Lv1 攻撃力 効果 範囲 時間 出撃数 コスト 限界突破
92 2.2 1 6 0/10
Lv20 攻撃力 効果 範囲 時間 出撃数 コスト 限界突破
145 2.2 1 6 0/10
クラス 種族 攻撃対象
スポットレイン スペル 地上

一応、出撃数は「1」となっていますが、実態だけを見ると3体いるようです。

説明書きを見る限り、使用した時点でダメージを与え、その後3体のサブユニットが使用したポイントに召喚されて攻撃を続けるという感じなのでしょう。

ちなみにスポットレインは移動も行いますが、移動時は地中に潜っているため空中の敵からの攻撃をうけません。地上の敵に接近すると実態を表し攻撃するので、空中の敵が多い場合などにも有効かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました