アイギス【古代龍ハクノカミ】最強イベユニ・ハクノカミの性能と評価

千年戦争アイギスのストーリーの中で最強の神として登場する【古代龍ハクノカミ】のユニット性能と評価、スキル覚醒や第二覚醒のおすすめ分岐などのユニットまとめになります。

以前から攻略動画などで目にする機会が多かったハクノカミ。

イベント産のヒーラーでありながらスキル中は防御力無視の高火力遠距離攻撃を使うという、イベ産とは思えない性能で、イベ産ブラックの中では最強との呼び声高いユニットです。

既に第二覚醒まで実装されているので、スキル覚醒や第二覚醒のおすすめ分岐についてもご紹介していきたいと思います。

 

ハクノカミのステータス性能と評価

古代龍ハクノカミはイベント産のブラックユニットで、緊急ミッション「古代龍の目覚め」が開催されている期間中のみ刻水晶250個と交換することが可能です。(2回目以降は150個)

イベ産ユニットのため、スキルレベルを10まで上げなくてはならないという手間がありますが、聖霊結晶を砕いて周回してでもスキルをレベル10まで上げる価値があるユニットです。

出来れば緊急ミッション「古代龍の目覚め」が開催されている間にしっかりボンボリを集めるなり、「技強化聖霊クリスティア」を使うなりしてスキルレベルを上げて、スキル覚醒しておきたいところですね。

ハクノカミの特徴としては、基本的にはヒーラーなのですが、スキル中のみ攻撃を行います。

ドラゴンシャーマンという竜族系クラスなので、全てのステータスが高いというのがハクノカミの特徴と言えるかもしれませんね。

 

ハクノカミの各段階ステータス

ハクノカミのクラス「ドラゴンシャーマン」は入手した時点でクラスチェンジ(CC)をすませた状態なので、育成は「初期クラス→第一覚醒→第二覚醒」という流れになります。

クラスチェンジがない分、少しだけ育成が楽ですが、それでもブラックユニットなのでやはりそれなりのコストを要します。

ただそのコストに十分見合った性能を持ったユニットですし、ヒーラー不足に悩む王子にとっては非常に魅力的なブラックユニットなので、最低でもイベント期間中にスキルレベルはMAX、育成も出来れば第二覚醒まで済ませておきたいところです。

初期:ドラゴンシャーマン
初期
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
1232 231 161 0 31
初期
Lv80
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
1904 470 266 240 26

ハクノカミの魅力はやはり各ステータスが高いという点です。

遠距離ユニットとしては珍しく、覚醒前のLv80時点(好感度ボーナス含む)で既にHP2000を超えており、ある程度前線に放り込んでも敵からの攻撃を耐えることが出来ます

またヒーラーの中では唯一、魔界でも能力が低下しないという魔界耐性を持っています。

活きる場面はほとんどありませんが、今後実装される高難易度ミッションで活きてくる可能性もあるので、このポイントは一応覚えておきたいところですね。

 

ハクノカミの好感度ボーナス

好感度ボーナス HP 攻撃力
+360 420 +144 168
好感度ボーナス
(150%)
射程
+19

好感度ボーナスの調整及び上限解放により、一段と強化されたハクノカミ。

ヒーラーとしては射程が狭いという欠点があったのですが、それを好感度ボーナス上限解放で補う事が出来るようになりました。

なぜ+20ではないのかが解せませんが、ハクノカミをヒーラーとして使うのであれば優先して好感度150%にしておきたいところですね。

 

ハクノカミ:第一覚醒の性能と覚醒アビリティ

第一覚醒は好感度100%が必須条件のため、以降のステータスは好感度100%時のボーナスを上乗せした数値で表記しています

第一覚醒:ドラゴンシャーマンロード
第一
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
2335 601 241 0 31
第一
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
3412 727 426 240 26

第一覚醒をしても射程に変動がないのが辛いですが、コストにも変動がなくハクノカミの性能を考えると結構お得な出撃コストじゃないかなと思います。

ただヒーラーとして使うには少しコストが高いので、出撃の優先順位はちょっと低くなるかもしれませんね。

Lv99まで行くとHPは3000を超え、攻撃力も700を超えてきます。しかもアビリティにより竜族系ユニットがいるだけで攻撃力と防御力7%アップ(上限10人)という自己バフがつくので、他に竜族がいなくとも攻防7%アップというおまけつきです。

個人的には第一覚醒時のイラストが好き!

 

ハクノカミの第二覚醒とおすすめ分岐

ハクノカミはブラックユニットなので、第二覚醒時は分岐を選択することが出来ます。

分岐は「極神竜巫女 or エルダードラゴンシャーマン」です。

第二覚醒:極神竜巫女
第二
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
3696 753 467 0 31
第二
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
4908 867 599 240 26

第二覚醒:エルダードラゴンシャーマン
第二
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
2743 652 281 0 31
第二
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
3820 778 466 270 26

ハクノカミの第二覚醒分岐は、全体的にステータスが伸び攻撃速度が速くなる「極神竜巫女」か、ステの伸びはいまいちながら射程が伸びて魔法耐性上昇のバフ持ちになる「エルダードラゴンシャーマン」のどちらかになります。

これまでアイギスのブラックユニットの第二分岐では、「射程は正義」を貫きほとんどのブラックユニットを射程優先で第二覚醒させてきたので、ハクノカミの分岐はかなり悩みました。

というのも、実際にハクノカミを使ってみると分かるのですが、ハクノカミはステータスこそ高くヒール量は高いものの、攻撃速度が遅くヒールDPSは低いんですよね。

実際にハクノカミの横にヒーラーを並べてみると、その遅さにやきもきしてしまうレベルなので、さすがに今回だけは射程ではなく攻撃速度を取りました。

とはいえ、やはり射程+30のエルダードラゴンシャーマンも捨てがたいですよね。

メインとサブで両方の分岐にしてみましたが、どちらも使った感想としては極神竜巫女の方がステの伸びが素晴らしく、覚醒スキルとの相性も良いため、ハクノカミの特性を考えると極神竜巫女の方が合っているんじゃないかなと思っています

とはいえ、エルダードラゴンシャーマンの射程+30も捨てがたいので、ハクノカミの使い方によって選ぶ分岐が異なると思います。

  • ヒーラーとしてカウントするのであれば「極神竜巫女」
  • ヒールはおまけ程度でスキル攻撃重視なら「エルダードラゴンシャーマン」

 

ハクノカミのスキルと覚醒スキル

【初期】古代龍の逆鱗(Lv10) 【覚醒】神威轟水波
15秒攻撃力2.0倍
防御力無視+単体攻撃の水球で4連続攻撃
15秒攻撃力2.0倍、射程1.5倍
防御力無視+2連射の水球で範囲内の敵4体まで同時攻撃
初動1秒 再使用50秒 初動5秒 再使用50秒

ハクノカミの場合は、スキル覚醒は必須だと思っています。

スキル効果時間15秒と攻撃力2倍は変わらずですが、単体攻撃から4体同時攻撃となります。何より射程1.5倍がつくのがでかい!

ハクノカミは第二覚醒で極神竜巫女を選ぶと射程240(好感度B込みで259)と狭いため、攻撃時のみですが射程が360(388)まで伸びるのは本当にありがたい。

攻撃については「単体4連射」or「同時4体2連射」のどちらかになり、ミッションによって使い分けることになりそうです。

どちらにせよ射程が短いハクノカミの射程を伸ばしてくれる覚醒スキルは非常にありがたい!

 

ハクノカミの感想とまとめ

ハクノカミの復刻を心待ちにしてたため、すぐに第二覚醒+スキル覚醒まで育成しましたが、第二覚醒には本当に悩まされました。

実際にハクノカミを使ってみると、攻撃速度が遅く射程が狭いというデメリットがあった事に驚きです。(好感度ボーナスの上限解放により射程が伸びてくれたのはありがたい!)

攻撃速度の遅さを補える極神竜巫女、射程の短さを補えるエルダードラゴンシャーマン、第二覚醒の分岐はハクノカミの弱点をどう補うかとう分岐になっているように思います。

ヒーラーとして常用したいのであれば極神竜巫女一択でしょうし、攻撃をメインに考えているのであればエルダードラゴンシャーマンといった感じになりそうですね

第二覚醒については既に感想を述べていますが、ステータスの伸び率が高く、ヒール使用時と攻撃時において回転率が上がる極神竜巫女の方がハクノカミにはマッチしているように思います。

どちらにするかは結局現在のユニット状況に依存することになると思いますが、極神竜巫女分岐で使ってみて射程240でも十分だと感じたので、個人的にはやはり極神竜巫女がおすすめです!

ここからは余談です。

ハクノカミのイラストについてですが、第二覚醒のイラストよりも第一覚醒時のイラストの方が断然好きなんですよね。

出来れば第一覚醒時のイラスト、ドット絵で使いたいなと思っているので、アイギスでも自由に設定できるようにしてほしいですよね。(マギアレコードというゲームアプリでは自由に選択できたので)

アイギスの運営さん、是非ご検討よろしくお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました