【幽境道士フーロン】攻撃特化黒キョンシーの性能とユニット評価

幽境道士フーロン メインアイキャッチ

千年戦争アイギスのブラックユニット【幽境道士フーロン】の性能と第二覚醒の特徴をまとめたアイギスユニット評価レビューです。

2021年2月に実装されるや否や、同月下旬から開催された第六回人気闘兵決定戦で1位を獲得した人気ユニット。

攻撃力の上昇率が高く、攻撃に全振りしたようなユニットになっているので、私のように守りよりも攻撃に重きを置く脳筋王子におすすめです!

フーロンのステータス性能と評価

幽境道士フーロン ガチャイラスト

入手 ガチャ産ブラック クラス キョンシー
第二覚醒 実装済み 第二覚醒・絵 実装済み
スキル覚醒 必須 交流クエスト 未実装
絵師さん ちり 評価 5.0

2021年2月25日のメンテ明けに初登場となったフーロン。

これまでキョンシークラスのブラックユニットと言えばスーシェンだけでしたが、ようやく2体目の黒キョンシーが実装され、更に同日にキョンシーの第二覚醒も実装されることに。

いろいろとメモリアルなユニットなだけに性能は高く、同日から開催された人気闘兵でも1位を獲得するなど、かなり優秀なブラックユニットになっています。

フーロンのステータスとアビリティ・特性

幽境道士フーロン キョンシー

初期:キョンシー
初期
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
1859 260 339 0 1 17
初期
Lv80
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
2840 538 455 250 14

幽境道士フーロンは味方からHP回復を受けることが出来ないアンデッドユニットで、非ブロック時に貫通遠距離攻撃を行う強力な攻撃特化ユニット。

ウォッチャー
ウォッチャー

他社からの回復手段は水着シルヴィアらが持つアンデッド系ユニットを回復できる特殊スキルだけになっています。

同クラスのスーシェンと異なる点として、スーシェンはアビリティに死亡撤退を所持しているので比較的冒険できますが、フーロンには死亡撤退がないので配置場所に気を配る必要があります。

ただしフーロンは死亡撤退を所持していない代わりに、アビリティに強力な攻撃強化バフを持っており、そこが私のような脳筋プレイヤーに好まれるポイントだと思います。

【臨難不恐の兵】
自身が敵を倒すごとに攻撃力が5%上昇(最大50%上昇)
敵をブロック時、攻撃毎に最大HP2%が回復

フーロンの好感度ボーナス

幽境道士フーロン 好感度ボーナス

好感度ボーナス
(100%)
攻撃力 防御力
+134 +134
好感度ボーナス
(150%)
HP
+450

幽境道士フーロンの好感度ボーナスは攻撃力と防御力、第三好感度ボーナスでHPが増加します。

フーロンはブラックユニットの中でも強力なユニットの一人なので、好感度は問答無用で150%まで上げたいですね。

フーロン:第一覚醒の性能と覚醒アビリティ

第一覚醒は好感度100%が必須条件のため、以降のステータスは好感度100%時の好感度ボーナスを上乗せした数値で表記しています

幽境道士フーロン 屍道士

第一覚醒:屍道士
第一
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
2709 660 564 0 1 17
第一
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
3834 742 719 250 14

幽境道士フーロンを覚醒させると、アビリティが以下の内容に進化します。

【覚醒:華は屍人の上に咲く】
自身が敵を倒すごとに攻撃力が5%上昇(最大100%上昇)
敵をブロック時、攻撃毎に最大HP3%が回復

敵を20体倒すことで攻撃力が2倍になるという強力な覚醒アビリティで、更に敵をブロック時は攻撃毎に最大HPの3%分が回復していきます。

スーシェンのように死亡撤退未所持なので、出来れば敵をブロックするような場所には出撃させたくありませんが、保険として回復手段が備わっているのはありがたいですよね。

フーロンの第二覚醒とおすすめ分岐

キョンシーの第二覚醒分岐は「屍霊仙」と「仙境屍人」です。

幽境道士フーロン 屍霊仙

第二覚醒:屍霊仙
第二
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
3847 801 720 0 1 17
第二
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
5112 902 901 250 14
  • ステータスが上昇
  • 敵をブロック時、攻撃力と防御力が1.3倍
  • 常に50%の確率で攻撃を無効化

幽境道士フーロン 仙境屍人

第二覚醒:仙境屍人
第二
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
3135 737 603 0 1 17
第二
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
4260 838 771 250 14
  • 自身への攻撃を肩代わりするトークン「仙術人形」を使役
  • 仙術人形は防御力無視の遠距離攻撃で出撃人数に含まれる

幽境道士フーロンの第二覚醒は、自己強化タイプの「屍霊仙」か、肩代わりトークンを使役できる「仙境屍人」かという選択になります。

最初は肩代わりトークン使えると思っていましたが、同クラスのスーシェンで両方の分岐を試してみたところ、仙境屍人は出撃人数に含まれるという点が厄介なので、それを考えると何も考えずに屍霊仙分岐で良いと思っています。

仙境屍人クラスのトークン特性については、スーシェンの評価レビューにまとめていますので、詳細を確認したい方はこちらも併せてご覧下さい。

フーロンの初期スキルと覚醒スキル

幽境道士フーロン スキル覚醒

【初期(Lv5)】
轟放雷落
【覚醒】
幽幻不滅の構え
攻撃力と射程1.5倍
敵5体に一度だけ3連射同時攻撃
攻撃時の回復を行わない
攻撃力と防御力2.0倍
攻撃毎のHP回復量が3倍
遠距離攻撃に専念
自動発動+効果時間無限
初動1秒 再使用50秒 初動5秒 再使用110秒

幽境道士フーロンの初期スキルはかなり強力な性能なのですが、実質効果時間が1秒しかなく、その1秒の間に敵が射程内に入らなければ何もせずに終わり、再使用の50秒を待つことになるというデメリットを抱えているので、基本的には覚醒スキル固定で問題ないと思います。

そもそも単発スキルなのにCT50秒は流石に長すぎますよね。

それに対し覚醒スキルは、永続で攻防2倍、遠距離攻撃に専念し、回復量も3倍というかなり強力なので、フーロンを使用するのであれば迷わず覚醒スキルですね。

ちなみに、覚醒スキル使用中は回復量が3倍になりますが、当然敵をブロックしないと回復効果は発動しないので、あまり期待しない方が良いかもしれませんね。

フーロンの評価まとめ

幽境道士フーロン 第二覚醒Lv99

実を言うと、実装されてすぐに入手した「幽境道士フーロン」ですが、人気闘兵で1位になるまで全く興味が湧かず、育成せずに放置したままにしていました。

1位を獲得したことで「そんなに強いの?」と改めて性能を確認したのですが、どうしても興味が湧かずにそこから更に約半年放置していました・・・w

第七回人気闘兵で「ちびフーロン」が配布された事で持っていたことを思い出し育成したのですが、やっぱり射程の狭さがどうしても気になってしまうんですよね。

初期スキルは射程が広くなるものの打ち切りスキルでCTも長いし、かといって覚醒スキルだと射程変わらないしで、どっちつかずの印象がぬぐえません。

性能を見る限り、スーシェンのように遠距離攻撃主体というよりも、敵をブロックすることをある程度覚悟した上で戦略に組み込むユニットだと思いますが、私の性格の問題もあって回復できないユニットで敵をブロックするのがちょっと怖いというか嫌いなんですよね。(HPが満タンじゃないと不安に感じる小心者でして・・・)

そういう理由からこれまで育成してきませんでしたが、育成した今もその考えに変化はなく、やっぱり私の性格上、フーロンを使う事はなさそうだなと改めて思ってしまいました(汗)

こればかりは性格の問題なので参考にしないで欲しいのですが、フーロンの性能自体はかなり高いですし、アイギスの中でも上位の性能だと思いますので、入手したら育成して使いどころを探っていくと良いかもしれませんね。

ちなみに、もしフーロンを使うのであれば、黒ウィッチの『百獣の魔術師リエーフ』との相性がかなり良いので、フーロンを安定的に使い方はリエーフの育成も検討してみてはいかがでしょうか?

最近リエーフを使っていると「こいつマジで有能だなぁ」と感心することが多いので、未所持の方は是非次のガチャチャンスで狙ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました