【ドラヘブ攻略】デッキ編成における絆の重要性と絆効果まとめ

DMM GAMESで配信されている、戦略カードゲームバトル【ドラゴンヘブンズ】の攻略まとめ。

今回はドラヘブのゲームガイドでも詳しく触れられていない「絆効果」についてまとめたいと思います。

ドラヘブのカードにはそれぞれ種族と職業が設定されており、デッキ編成時に同一のタイプを一定数編成することで絆とよばれるバフ効果が発動します

そもそもカードごとの種族や属性が分からないという方が大半だと思うので、まずはドラヘブにおける種族と職業、そして絆効果という順でご紹介していきたいと思います。

 

ドラゴンヘブンズの種族とバフ効果

ドラゴンヘブンズにはカードそれぞれに種族設定があり、少し分かりにくいですが、カードの右下に表示されているアイコンが種族を表示したものになっています。

以下の4種族がドラゴンヘブンにおける全種族です。

  • 人間
  • 神族
  • 魔族
  • 精霊族

デッキ編成時に一定数以上の種族を編成すると、その種族に対して種族バフが付与される設定になっていますので、デッキ編成で迷った時は種族バフにも注目すると良いかもしれませんね。

 

種族バフ一覧

ドラゴンヘブンズでは決められた人数以上の同一種族カードをデッキに編成することで、その種族に以下の効果を付与することが出来ます。

アイコン 種族 人数 種族バフの効果
人間の絆 3人 全ての人間キャラの「HP+5%、ATK+5%
6人 全ての人間キャラの「HP+7.5%、ATK+7.5%
10人 全ての人間キャラの「HP+10%、ATK+10%
神族の絆 3人 全ての神族キャラの「全てのダメージが -5%
6人 全ての神族キャラの「全てのダメージが -7.5%
10人 全ての神族キャラの「全てのダメージが -10%
魔族の絆 3人 全ての魔族キャラの「ATK+5%、命中+5%
6人 全ての魔族キャラの「ATK+7.5%、命中+7.5%
10人 全ての魔族キャラの「ATK+10%、命中+10%
人間の絆 3人 全ての精霊族キャラの「ATK+5%、回避+5%
6人 全ての精霊族キャラの「ATK+7.5%、回避+7.5%
10人 全ての精霊族キャラの「ATK+10%、回避+10%

種族によってバフ効果は異なりますが、いずれも最大10体同一種族のカードで編成することで、最大効果10%を付与することが出来ます。

ルーン効果に加え、種族効果も付与させれば、かなり強いデッキになりそうですよね。

私のデッキだけを見ると魔族率が異常に高いので、そういった場合は魔族編成にすることで攻撃力と命中率を上げることが出来ます。

回避率が高くて鬱陶しい敵が多い場合は、魔族編成で挑むと少し攻撃が当たりやすくなるのかもしれませんね。

 

ドラゴンヘブンズの職業とバフ効果

ドラゴンヘブンズではカードそれぞれに6つの職業が割り振られています。

カードの左上に表示されているこのアイコンがそのキャラの職業を表しており、アイコンに加え色分けもされています。

以下がドラヘブにおける全6種の職業です。

    • 戦士
    • 暗殺者
    • 騎士
    • 法師
    • 術師
    • 牧師

法師と術師の違いが未だによく分かりませんが、その職業に応じた特性の職業バフが付与されるようです。

 

職業バフ一覧

ドラゴンヘブンズでは決められた人数以上の同一職業キャラをデッキに編成することで、対応した職業のキャラに以下の効果を付与することが出来ます。

アイコン 職業 人数 職業バフの効果
戦士の絆 全ての戦士キャラの「HP+5%、ATK+5%
4人 全ての戦士キャラの「HP+7.5%、ATK+7.5%
6人 全ての戦士キャラの「HP+10%、ATK+10%
暗殺者の絆 2人 全ての暗殺者キャラの「ATK+5%、回避+5%
4人 全ての暗殺者キャラの「ATK+7.5%、回避+7.5%
6人 全ての暗殺者キャラの「ATK+10%、回避+10%
騎士の絆 2人 全ての騎士キャラの「防御+5%、HP+5%
4人 全ての騎士キャラの「防御+7.5%、HP+7.5%
6人 全ての騎士キャラの「防御+10%、HP+10%
法師の絆 2人 全ての法師キャラの「全てのダメージ +5%
4人 全ての法師キャラの「全てのダメージ +7.5%
6人 全ての法師キャラの「全てのダメージ +10%
術師の絆 2人 全ての法師キャラの「全てのダメージ+2%、HP+5%
4人 全ての法師キャラの「全てのダメージ+3.5%、HP+7.5%
6人 全ての法師キャラの「全てのダメージ+5%、HP+10%
牧師の絆 2人 全ての牧師キャラの「治療効果+5%
4人 全ての牧師キャラの「治療効果+7.5%
6人 全ての牧師キャラの「治療効果+10%

種族の4種に対して職業は6種あるので、その分バフ付与に必要な人数が少なく、種族バフよりも付与する確率が高くなっています。

 

ドラヘブの種族・職業バフまとめ

ドラゴンヘブンズをプレイしていれば分かると思いますが、特に対人戦の「龍域の戦場」や「スモールブルク遠征」ではこういった種族バフよりもルーンの方が重要性が高くなっています。

種族バフや職業バフは最大で10%ですが、ATKや防御力を10%上げるよりもルーン効果を使って敵の攻撃力を100下げた方がよほど効果的です。

特に現時点(2019年11月)においては、ほとんどのプレイヤーが育成途中の段階なので、素のステータスが高くなく、ATK10%上乗せしても300が330になる程度の話です。

もっと育成が進み、全キャラのレベリングが完了すれば影響は大きくなってくると思いますが、まだ各キャラの育成が進んでいない状態では、種族バフや職業バフ優先でデッキ編成するのは避けるべきでしょう。

ただし、長い目で見た時、間違いなく種族バフと職業バフが大きな意味を持ってくるので、「どのキャラを育成しようかな・・・」と迷ったら、スキルだけでなく現在の主力の種族や職業を見て編成するのもアリだと思います

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました