【付与魔術師アンリ】最強エンチャンターの性能評価とおすすめ第二覚醒

千年戦争アイギスの中ではあまり重宝されていない”エンチャンター“というクラスですが、第二覚醒が実装されたことにより一気に強ユニットへと昇格した感がありますよね。

そんなエンチャンターの中でブラックユニットは2人だけなのですが、第二覚醒の恩恵を最も教授しているであろうユニット【付与魔術師アンリ】の各段階ステータス、クラス&アビリティ特性など、アンリの性能・評価をまとめたアイギスユニット評価レビューです。

第二覚醒が実装されるまではあまり日の目を浴びなかったクラス・エンチャンターですが、他のユニットとの組み合わせによっては凶悪になるクラスで、その中でもアンリのスキル性能は特にやばいんですよね。

元々あまり見向きされていなかったユニットなので、アンリやエンチャンターというクラスについてよく分かっていないという方もいると思うので、詳しくご紹介していこうと思います。

付与魔術師アンリのステータス性能と評価

入手 ガチャ産ブラック クラス エンチャンター
第二覚醒 実装済み(2019/5/27) 第二覚醒・絵 実装済み
スキル覚醒 使い分け 交流クエスト 実装済み
絵師さん ちり 評価 4.5

エンチャンターの特徴は、射程内の味方に防御力無視を付与するスキルを所持しゴーレムを使役するゴーレムマスターであるというこの2点です。

エンチャンターの第二覚醒が実装されるまで(2019年5月27日に実装)陽の目を浴びなかったクラスだけに、第二覚醒の実装後にその強さに初めて気づいたという方も多いのではないでしょうか。

ただエンチャンターにはCTが長いというデメリットもあり、そこが使いにくい最大の理由なのですが、アンリは初期スキルと覚醒スキルを使い分けることでそのデメリットを解消できる唯一のエンチャンターとなっています。

現在エンチャンタークラスのユニットには、属性に「魔術師」が追加されています。

アンリのステータスとアビリティ・特性

アンリのクラス「エンチャンター」はクラスチェンジ(CC)がなく、育成は第一覚醒→第二覚醒という二段階のみです。

初期:エンチャンター
初期
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
961 275 53 10 17
初期
Lv80
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
1651 458 117 220 14

遠距離ユニットとして中途半端な射程220なのですが、アンリはエンチャンターの中でも唯一”永続で防御力無視を付与できるスキル持ち“なので、微妙な射程ながらも使い方によってはLv1から活躍できるユニットです。

しかも初期クラスの状態からトークン(ガーディアンゴーレム)を指摘できるので、その点もアンリの魅力と言えるかもしれませんね。

エンチャンターはクラス特性によりスキル発動時にゴーレムを停止させるという特性が備わっており、何と10秒もの間ゴーレムの動きを止めてくれます。

アイアンゴーレムやミスリルゴーレム、オリハルコンゴーレムといった凶悪なゴーレムが登場するミッションでは特に活躍するはずです。(スキル発動時にHPを削るわけではないのでゴーレムが遠距離攻撃を打ってくるわけではないという点も嬉しい)

アンリの好感度ボーナス

好感度ボーナス
(100%)
HP 攻撃力
+672 +134
好感度ボーナス
(150%)
攻撃硬直
-18%

好感度ボーナスの調整によりHPが大幅に向上したアンリ。

元よりあまり耐久度が高いわけではないエンチャンターなので、HPが672も上昇するのは非常に助かりますよね。

またエンチャンターは地味に攻撃面でも活躍してくれるので攻撃力UPも嬉しいですし、何よりアンリは好感度上限解放によって攻撃後の硬直が減少し、攻撃速度が上昇するのも嬉しいポイントの1つ。

後ほど詳しくご紹介しますが、エンチャンターは第二覚醒分岐によって射程内3体まで同時攻撃という分岐もあるので、それを考えると攻撃後硬直減があるの嬉しいですね。

ただ個人的には、エンチャンターの性能を活かすという意味でもスキルCT減かスキル効果時間増加の方が嬉しかったんですけどねw

アンリ:第一覚醒の性能と覚醒アビリティ

第一覚醒は好感度100%が必須条件のため、以降のステータスは好感度100%時の好感度ボーナスを上乗せした数値で表記しています

第一覚醒:ハイエンチャンター
第一
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
2201 509 91 10 17
第一
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
2641 720 143 220 14

第一覚醒によりゴーレムの性能がアップし、更にエンチャンターでは唯一、ゴーレムトークンの防御力2倍というバフを持つことになります。

これによりトークン・ガーディアンゴーレムの防御力が大幅に増加し、より凶悪なトークンへと進化します。

射程が伸びないのがやや残念ですが、エンチャンターの魅力は防御力無視付与とトークンゴーレムなので、そういった意味ではエンチャンターというクラスの特性を最大限に活かせるユニットと言えそうですね。

アンリの第二覚醒とおすすめ分岐

アンリはブラックユニットなので、第二覚醒時は「ゴーレムマスター」と「グランドエンチャンター」のどちらかの分岐を選択することが出来ます。

第二覚醒:ゴーレムマスター
第二
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
2392 566 131 10 17
第二
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
2831 778 195 230 14

第二覚醒:グランドエンチャンター
第二
Lv1
HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック 初期コスト
2328 637 91 10 17
第二
Lv99
HP 攻撃力 防御力 射程 下限コスト
2768 921 143 245 14

エンチャンターの第二覚醒分岐は分岐選択目的が明確になっています。

その名の通り強力なゴーレムを使役出来るようになる「ゴーレムマスター」か、エンチャンターとして個体強化して高みを目指す「グランドエンチャンター」という2つのクラスに分岐します。

ゴーレムマスターになるとアイアンゴーレムを使役できるようになり、アイギス最強のトークンを使えるようになるという大きなメリットがあります。

アンリ本体の強化ポイントは「射程220→230」を始めとした各ステータスが微妙に増加しているという点。

それに対しグランドエンチャンターはゴーレムの性能は第一覚醒時そのままながらも、同時攻撃数が1体から3体へと増加し、射程が一気に245にまで拡大します。

ステータスについては攻撃力が大幅にアップし、トークンではなくアンリ本体の戦力強化となります。

第二覚醒はどちらの分岐がおすすめ?

エンチャンターに関してはどちらの分岐にも大きな魅力があり、一概にどちらがおすすめという事は言えませんが、強いて挙げるとすればグランドエンチャンターです。

ただし、最終的にどちらを選ぶかについては所持しているユニットとの相談になると思います

エンチャンターは防御力無視付与という他のクラスには無いバフを持っているので、その相性を考えた時に防御力無視付与を最大限に活かせるユニットを持っているのであればグランドエンチャンターの方がおすすめです。

相性の良いユニットは防御力無視が出来ない連射スキルを持つユニットで、例を挙げるとすると、デューオのような超連射のユニットや、アーシェラやナナリーのようなアーチャークラスやエメルダなどのボウライダー系です。

話が長くならない程度に説明しておくと、アイギスには防御力という被ダメージを軽減するためのステータスがあり、攻撃力が1,000あったとしても敵の防御力が1,000であればダメージはほとんど与えられません。

「攻撃力1,000ー防御力1,000=ダメージ0」ではなく、最低ダメージ(攻撃力の1/10)が実際のダメージとなります。

つまり防御力無視の攻撃属性でない場合、高い防御力を持つ敵にどれだけ攻撃しても普段の1/10の力しか発揮しないという事になるんです。

防御力と攻撃力の関係性

分かりやすいところで言うと、遠距離範囲攻撃ユニットのメイジと砲術士がいます。両者のブラックユニットの攻撃力を比較するとこうなっています。

Lv99攻撃力 防御力2,000の敵に対するダメージ判定
エステル(メイジ) 1049 1049
フレデリカ(砲術士) 1687 167

メイジは防御力無視の攻撃で、砲術士の攻撃は無属性、つまり敵の防御力の影響を受ける攻撃となっています。ただし、単純な攻撃力だけで言えば砲術士の方が高く、防御力の理屈を理解していないとついつい砲術士を使ってしまいがちです。

一見似たような攻撃をするクラスですが、高い防御力の敵に対して砲術士の攻撃は無力に近く、敵の防御力を見極めた上で使い分ける必要があります。

しかし、ここにエンチャンターの防御力無視が付与されたら、攻撃力がそのまま反映されるので砲術士の攻撃の方が有効という事になります。

例えばこれが攻撃速度の速いデューオだとどうなるのか?

上のデューオの場合、防御力が1,025以上ある敵に対して102しかダメージを与えれませんが、防御力無視を付与出来ればすべての攻撃がそのまま攻撃力1025となり、恐ろしいスピードで攻撃を与えることになります。

千年戦争アイギス【無双の海賊デューオ】防御無視を付与してミスゴと遊ぶ

この動画ではアンリではなくゴールドエンチャンターの『リルケ』を使用していますが、防御力無視の効果は同じなので参考動画として見てもらえればと思います。

あのガチムチで有名なミスリルゴーレムがあっという間に溶けています。これがエンチャンターの最大の魅力であり、この防御力無視を最大限に活かしたいのであれば射程が広くなるグランドエンチャンターの方がおすすめです。

アンリの初期スキルと覚醒スキル

(前)フルエンチャント・Lv5 (後)オーバーエンチャント
射程0.9倍で範囲内の味方の攻撃に防御力無視を付与
発動中HPが徐々に減少するが効果時間無限
30秒攻撃力と射程1.5倍
範囲内の味方の攻撃に防御力無視を付与
初動1秒 再使用90秒 初動5秒 再使用35秒

防御力が高い敵が多いミッションで活躍するエンチャンターですが、その中でも唯一永続スキルを持っているのがこのアンリです。

初期スキルでは射程0.9倍になりHPが徐々に減少するものの、永続で防御力無視を付与できるのでッデューオやアーチャー系などの攻撃力がそこまで高くないけど連射攻撃出来るユニットと組ませると恐ろしいほどに殲滅力が上がります。

HPの減少速度はリジェネを若干上回る程度なので、リジェネに加えたまにヒールしてくれるヒーラーがいればそこまで気にするような減少速度ではありません。

それに対し覚醒スキルのオーバーエンチャントは攻撃特性が強く、防御力無視付与に加え30秒もの間攻撃力と射程が1.5倍になります。

アンリの性能を考えると、覚醒スキルを常用するのであればグランドエンチャンターの方が相性が良いという事になります

アンリのトークン性能について

初期クラス時のトークン「プロトゴーレム」については詳細を割愛する代わりに、Lv50時の画像だけ貼付しておきます。

▲ブロック数は「3」です

Lv99ステータス HP 攻撃力 防御力 魔法耐性 ブロック数 コスト 射程
ガーディアンゴーレム 5400 2300 1600 20 3 35
アイアンゴーレム 6000 3200 2000 20 3 38 250

第一覚醒のハイエンチャンター、第二覚醒のグランドエンチャンターに関しては、使役できるトークンは「ガーディアンゴーレム」で、ブロック数3の近接攻撃のみのトークンゴーレムとなります。

それに対し第二覚醒ゴーレムマスターが使役できるのは、敵をブロックしていない時は遠距離攻撃を行う「アイアンゴーレム」となっています。

ガーディアンゴーレムは敵をブロックし攻撃するだけのシンプルなゴーレムですが、アイアンゴーレムは非ブロック時は遠距離攻撃をする凶悪なトークンとなっています。

千年戦争アイギス【ねこの味方】イベユニ限定 + 大英雄 ★3

この動画で実際にアイアンゴーレム(使役者はリルケ)を使用しているので、どのくらいエグいかは動画を見てもらえればと思います。

付与魔術師アンリの評価とまとめ

アンリの第二覚醒分岐については、所持している他のユニットとの相談になると書きましたが、強いておすすめの分岐を挙げるとすれば個体強化のグランドエンチャンターです

その最大の理由は、動画を見てわかったようにアイアンゴーレムを使いたいだけであれば他のエンチャンターでも代用が可能だからです

そうなるとゴーレムマスター分岐のエンチャンターを育成する必要が出てきますが、ゴールドユニットのリルケであれば育成リソースは少なくて済みます。

それに対し、グランドエンチャンターのアンリは射程が245に拡大し、スキル使用中は「攻撃力1,500前後/射程367/3体同時攻撃/射程内防御力無視付与」となるアンリは替えが利かず、スキル使用中の殲滅力はなかなかのものです

好感度150%にしていれば攻撃速度も若干早くなりますしね。

ブラックユニットの育成にかかるリソースと手間を考慮すると、やはり代えが利かないグランドエンチャンター分岐の方がお勧めなのかなと思っています。

ただし、繰り返しになりますが所持しているユニットに防御力無視付与を活かせるユニットがいなければ意味はないので、その時はゴーレムマスター分岐を選択した方が良いと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    好感度補正がフレデリカになってますがギャグですか?

タイトルとURLをコピーしました